オフィス

人気の3dプリンターを購入|比較して自社に必要なものを手に入れる

コピーは買うより借りる

複合機

コピーは必須の機器

これだけIT機器が普及してきて、紙から電子化されてきている現在社会においても、コピー機が企業で必須の機器となっています。企業で機器を導入するときには、購入するケースが多いのですが、コピー機に関してはリース契約をして利用することが多いのです。なぜこれだけリース契約が多いという理由ですが、まず最初に機器の所有権はリース会社にあるものの、購入した時と同じように使うことが可能という点です。特に毎日利用することが多い機器なので、リース契約する時に入ることが多い、保守サービスも受けれるというのも、その特徴の一つです。もちろんコピー機の所有権が、自社にないことから、減価償却のことを考えなくても良いということもリース契約の理由になります。また購入するときには、一時的に購入資金が必要になり、ビジネスを展開するうえで、資金繰りを考える必要がありますが、その購入費用を平準化できると利点もあります。特にコピー機は、まだまだ高価な製品が多く、特に最近ではFAXやスキャナなどの機能も搭載され、機器代金は上がり気味です。一時的でも費用がかさむことは、ビジネスの流れが速くなっている現在社会では、十分に検討しなければならないビジネス課題にもなるのです。もちろん一時費用が大きくなく、毎月のランニングコストとして計上しやすいリース契約は、銀行からも余力があるということで、融資枠が維持できる可能性もあります。このような利点が多く存在するので、コピー機は購入するよりも、保守費用も含めてリース契約するケースが多いのです。