オフィス

人気の3dプリンターを購入|比較して自社に必要なものを手に入れる

コスパならリサイクル品

インク

賢い選択をしましょう

IT化、クラウド化が進んでいる昨今ではありますが、ペーパーレス化は一向に進んでいません。その背景には日本企業の商習慣や管理体制が関係しており、書類はデータと紙で残すのがマスト事項となっています。それは大企業から中小企業まであらゆる企業に言える事で言い換えれば、法人格を有している組織であれば書類を印刷する複合機が必ず必要になると言う事です。複合機と一言で言っても様々なものがありますが、10名以上の社員を抱えている企業であればトナーを利用するレーザー型の複合機がコストも良く、スピードも安定しているので、適していると言えるでしょう。中でもリコーはオフィス向けの複合機メーカーの中で最大手の1社となっているのでリコーの複合機の利用がおすすめです。リコーは古くから複合機ビジネスを行っている事もあり、様々なタイプの複合機を市場に導入しているので、サイズやランニングコストなどニーズにあった複合機を見つけ出すことが可能です。また、トナーの取り扱いを行っているお店の数も非常に多いので、万が一、なじみのお店でトナーの品切れがあっても別のお店で購入すると言う事もしやすいメーカーとなっています。なお、リコーの複合機に利用できるトナーは純正のもの以外にもリサイクル品も市場に多く出回っています。純正ではないのでメーカー側の保証などでトラブルが起きる可能性もありますが、その分、コストが圧倒的に安く、コスト重視でトナー選びを行いたい方はリサイクルトナーを選択するのも賢い選択であると言えます。